ビットコイン 値上がり理由

2021年8月時点で、ビットコインの価格が5万ドルまで上がり、およそ5ヶ月ぶりの高値を付けました。

なぜ短期間に上昇したのか? その値上がりの理由を確認していきたいと思います。

・アフガニスタン中央銀行の資産の凍結
アフガニスタンで、タリバンによる政府転覆が起こりました。
これを受け、アメリカによりアフガニスタン中央銀行の資産が凍結され、タリバンはもとより、アフガニスタン国民も銀行預金を使えなくなっています。
銀行資産の使用がストップしてしまい、国際送金などが制限されてしまっている状況。
この世界的なトラブルに、ビットコインが今までより輪を掛けて皆が注目したためです。

・PayPalのイギリスでの仮想通貨取引サービスの発表
オンライン決済サービスの世界的大手、PayPalが、イギリスで仮想通貨取引サービスを開始すると発表しました。
PayPalはすでに、2020年11月からアメリカで仮想通貨取引サービスを始めていました。
加えてその後、仮想通貨取引だけでなく、仮想通貨での決済サービスも開始。
イギリスでの仮想通貨についてのサービス開始は、アメリカについで2ヵ国目ということで、これによってより一層、仮想通貨取引が活発になっていくであろうと期待値がさらに上がることになりました。

・企業のビットコイン大量購入の公表
アメリがのソフトウェア会社、マイクロストラテジー社は、1億7700万ドル、日本円にして約195億円分のビットコインを購入しました。
加えて、アメリカ仮想通貨取引所大手のコインベースは、5億ドル、日本円にして約550億円超の仮想通貨購入を計画し、今後も四半期ごとに利益の10%を仮想通貨購入にあてていくと発表。
こうしたことがビットコインやアルトコインの価格の下支えの要因になると考えられています。

これらの要因が重なり、短期間でビットコインの価格の値上がり理由となったと考えられています。

私たちとしては、この値上がり後の値動き、値を戻すのか、高止まりするのかをしっかり観察してから次の動きを決める必要がありそうですね。