モナコイン

日本が発祥の地である仮想通貨、モナコイン について。

モナコインは、なんとネット掲示板の 2ch に関連して作られた仮想通貨なんですよね。

2ch のマスコット的モスキーアートの、モナー を表示させた仮想通貨。

もともとは ツイキャスなど、ネット動画配信サービスの投げ銭として使用されたりするのが、おもな使用方法でしたが、そこから一般社会にも広がりはじめ、モナコインを使えるお店なども増えてきています。

2ch を発祥のもととするところが、日本のネット民の文化を表していて、茶目っ気があって楽しいですね!

ですが、メジャーな日本国内の取引所で扱われるようになってからは、シリアスな仮想通貨の位置づけに。

なんといっても、

segwit

という、世界初の技術も使われています。

この技術は、トランザクション情報を圧縮して小さく軽くすることができ、通貨の送金を速くすることができます。

加えて、

アトミックスワップ

という技術にも対応しています。

こちらは、別のブロックチェーン上の仮想通貨同士を、取引所を介さず、安全に個人間で交換できる技術です。

出だしはジョークかとも思ってしまう仮想通貨が、なんと世界初の技術、世界でも対応実績が少ない技術まで使えるようになり、どんどんシリアスになり、世界で認められる通貨になってしまった モナコイン。

一部、熱狂的なファンがいるのも、その経緯からして、分かる気がしますね。