ビットコインキャッシュ

アルトコインの、ビットコインキャッシュについて。

ビットコインキャッシュ は、2017年8月に生まれた仮想通貨です。

この仮想通貨が生まれた経緯が、ちょっと変わっているんですね。

ビットコインキャッシュは、ビットコインから分岐してできた通貨で、2017年8月の発行のタイミングで、ビットコインキャッシュに対応できる取引所の口座にビットコインをもっていた人たちに、その際、所有していたビットコインと同じ数のビットコインキャッシュが割り当てられました。

なんのために分岐したのか?

当時すでに、ビットコインはその総額、取引量が大きくなり、処理スピードが遅くなっていました。

この、ビットコインの処理スピードを改善したいという方向性から、本体のビットコインと違う処理方法を持たせた通貨を立ち上げたのです。

ですので、処理スピードが高く、利便性が高くなっています。

そこからは、ビットコインとは完全に別物の仮想通貨として分離独立し、そのオリジナルとしての存在感を強めています。

このような成り立ちのビットコインキャッシュ、2021年10月現在は、

日本での取引金額、6万円前後

世界での総額、およそ110億ドル

となっており、時価総額の高さでは、世界の仮想通貨の中でトップ10に入っています。

日本の取引所でも取り扱われており、今後ますます注目すべき通貨ですね。