ポルカドット 仮想通貨

仮想通貨のニューカマー、

ポルカドット

について書きたいと思います。

ポルカドット は、2020年8月に上場、日本国内で売買できるようになったのは、つい2021年5月からのことで、ごく新しい仮想通貨といえます。

ですが、その存在感たるや、すごい!

今年2021年に入ると、値段は急騰。

5月に一度、大幅値下げとなりましたが、またそこから上昇し、9月現在にも、その上昇は続いています。

値段の高騰もあり、9月現在の時価総額は、なんと 3兆8千億円。

世界の仮想通貨の中でも、時価総額ランキングで8位となっています。


ポルカドットについて話すうえで、重要なキーワードがあるんですね。

Web3.0

これは、ブロックチェーン技術を利用し、個人情報などが1カ所に集中管理されないよう、分散管理ができるネット上の次のステージのことです。

今までは、ネット上の何らかのサービスを受けようとしたら、自分の個人情報を、そのサービスを提供している企業などに提出していましたよね。

どれらの個人情報は、その企業なり組織が、一元管理、一極集中管理されるわけです。

そうした企業、組織が膨大な個人情報を独占している状況ですと、何かトラブルが発生したら、情報が大量に漏洩したり、悪用されたりする可能性もあります。

そのようなことが無いように、重要な情報を個々が分散管理する、リスクの低いステージ、それが Web3.0 です。

ネット上の次世代のステージを実現させるため、その手段のひとつとしてブロックチェーン技術を駆使して作られた、ポルカドット。

その存在が世界から注目され、後発組であるのに、すでに時価総額ランキングで8位というのも、分かりますね。