ビットコイン 先物取引

アメリカの証券取引委員会は、10月15日、ビットコインの先物ETFの申請を許可しました。


ETFとは、投資信託の一種で、その投信自体がひとつの銘柄として売買できるものです。


アメリカ証券取引委員会、SECに、その申請を許可された プロシェアーズ社は、10月18日の月曜日に公開すると発表しました。


さすがアメリカ、進んでいますよね。


ビットコインを売買する


から進んで、


ビットコインの先物取引をする


となり、さらに、


ビットコインの先物取引を投資信託の対象にする


ここまできて、それをまた


ビットコインの先物取引の投資信託を、ひとつの銘柄として売買する


と、ここまで来ている話ですものね。


ビットコインはこうした動きを受けてか、現在、また値が上がっており、10月16日朝の段階で、日本円換算で700万円に到達した場面も。


仮想通貨の存在感がここでまた、さらに大きく、実社会にさらに深く根を下ろしてきた感がありますね。