ライトコイン 将来性

世界のアルトコインの中でも、時価総額、普及レベルからしてメジャーな存在、

ライトコイン

について書きます。

ライトコインは、2011年に作られた仮想通貨。

ライトコインの創設者は、当時、ビットコインに影響を受け、

ビットコインという東の横綱がいるのなら、西の横綱、あるいは大関のポジションを確保するアルトコインを作ろう

という考えのもと、ライトコインを作ったと言われています。

ビットコインの存在を尊敬、リスペクトして、ビットコインとともに仮想通貨の世界を押し広げていこう、という考えがあったそうです。

ですので、ライトコインの仮想通貨としての特性は、ビットコインと似た部分が多く、ビットコインの一部特性を進化させ、処理能力を早めるなど、ビットコインの足りなかった部分を補う機能をもつアルトコインにした側面が見受けられるようです。

そんなライトコイン、では、ビットコインの添え物のようなものなのか?

いえいえ、ライトコインは現在、時価総額が80億ドル、アルトコインでもトップクラスの位置を占めており、その将来性も充分、今後もその存在感は高まっていくでしょう。

ビットコインとともに、仮想通貨の世界を押し広げてきた、まさしく立役者と言えますね。