チェインリンク 仮想通貨

近年、日本でもその存在感を急速に増してきた仮想通貨

チェインリンク

について書きます。

チェインリンクは、以前から世界のアルトコインの中でも、時価総額のランキングでいうと、10位前後の位置をキープ続けているメジャーな仮想通貨です。

加えて、今年 2021年の9月から日本国内の通貨取引所でも扱われるようになり、一気に国内でも知られた存在に。

チェインリンクの特徴を表すキーワードとして、

ミドルウェア

※ あるものとあるものをつなぐための、間を取り持つ働きをするもの の意

が、あります。

チェインリンクは、

ブロックチェーン型の仮想通貨と外部のシステムをつなぐ役割

異なるブロックチェーン同士をつなぐ役割

などの立ち位置をもつ仮想通貨なんですね。

ブロックチェーンは、もともとセキュリティ上の強さをもつシステムですが、それを外部のネットワークにいきなりつなげてしまえば、そこに急所、弱みが発生してしまいます。

それを避けるため、中間で取り持つ役割を、チェインリンクはします。

加えて、異なるブロックチェーン同士、例えばビットコインとイーサリアムといった、別々のブロックチェーンは、そのままでは互換性がありませんので、それをまた取り持つ役割をする。

チェインリンクは、自身が仮想通貨であるだけでなく、仮想通貨世界の取り持ち役を果たしているわけです。

その機能により、グーグル や、オラクルといった世界企業でも採用されています。

世界企業からの採用、ミドルウェアとしての立ち位置もあり、チェインリンクは2020年から継続して値上がり傾向にあり、2021年9月現在、世界の仮想通貨の中で、時価総額のランキングでは、13位の位置にあります。

チェインリンクの存在価値は今後も上がることが予想されています。