ファクトム 仮想通貨

仮想通貨の中でも、各種記録、書類のデータ化に深い関連性をもつ通貨、

ファクトム

について書きます。

ファクトムは、2015年にアメリカのファクトム社が開発した、分散管理型の仮想通貨です。

ファクトム社のプラットフォームは、デジタル化した書類の保管や記録をするうえでその実力を発揮するもの。

そのプラットフォームを基板として構成された仮想通貨です。

この技術は、例えば行政とのやりとり、市役所から住民票や謄本を発行してもらうよう申請する際などの手続きを、簡易化して楽にします。

そうした、世界で今後活躍する役割をもつプラットフォームをバックボーンにもつファクトム。

その信頼性は非常に高いものがあります。

ファクトムのプラットフォームは、その実務上の機能から、ビジネスの世界で使用されます。

それが多くなるほど、存在価値も上がり、仮想通貨としてのファクトムも価値を高めます。

ファクトムの価格は、2021年9月現在、約192円前後で、時価総額は約19億円です。

ファクトムをはじめ、アルトコイン全般、多少なりともビットコインの動きに引っ張られる傾向もありますので、ファクトムの今後の値動きは、

・実務上のビジネスで使用されることが今以上に増えること
・ビットコイン、アルトコイン全般の今後の価格上昇

これらを見ていくことが、ファクトムを購入するにあたっての指針になりそうです。